WORKS業務内容

プレカット

プレカットとは建築現場へお届けする前にあらかじめ木材を切断・加工しておくサービスです。
機械による加工のため品質にばらつきがなく、従来の手加工作業のほとんどを行うことが可能です。

安全·正確な現場施工へ

高品質・高精度なプレカットにより、現場施工が時短・容易になります。
高所作業が少なく安全な施工が可能となり、昔は数日かかった建て方が、1日で完了する場合もあります。

角繁プレカット
システムの特徴

在来工法

在来工法とは職人達によって受け継がれてきた伝統的な工法です。
木材の性質を見極め、適材適所に配置し緻密な作業を行う事で住宅や施設を堅牢なものに仕上げています。そのため、手加工の場合は性質の見極めや大工さんの技量によって住宅の強度に差が出てしまう可能性があるとも言えます。

当社では最新の全自動プレカットマシンにより多種類の加工に対応しており、仕上りも美しく正確です。
木材販売で培った目利きを活かし、「材木屋のプレカット」として高品質の木材を加工します。
また、梁背評価システムにより加工設計の安全性を確認できます。(評価書の添付も可能です。)

角繁プレカット
システムの特徴

金物工法

在来工法に加え、3種類の金物工法の加工が可能です。
構造材の接合部に専用金物を使用し、強度を更に高くすることができます。

また、当社では店舗やビルトインガレージ等の大開口部が必要な建物の設計施工に最適な、門型フレームも取り扱っています。
壁倍率計算により、構造計算書や性能評価書の作成に対応が可能です。

固く強い接合部

金物工法では、接合部の断面欠損が小さく、従来の接合部と比べて耐力が高くなります。
また、接合部の変形が少なく、床鳴りの原因となる隙間が生じにくいことも特徴です。

角繁プレカット
システムの特徴

ハイブリッド工法(在来工法+金物工法)

角繁プレカットシステムでは、在来・金物工法の両方が加工できるプレカットマシンの特徴を活かし、在来工法と金物工法を組み合わせた「ハイブリッド工法」が可能です。

例えば、在来工法の通し柱は断面欠損が不安要素になりますが、通し柱の接合部だけを金物工法で行うことで欠損を最小限に留め【安心·安全】が確保できます。
梁を現しにする場合で羽子板ボルトを見せたくない時には、現しの梁だけを金物工法で接合することも可能です。

ネイルプレートトラス

中大規模建築向けの木造工法です。部材の接合部をネイルプレートコネクタと呼ばれる金属を圧着することで、強度を向上させています。住宅用サイズの木材を使用することでコストを抑えながら、大スパンの実現が可能なため、様々な用途で採用されています。国産材サイズで対応可能なため、高耐久・高強度を保ちつつ温暖化防止にもつながる、環境にやさしい工法です。
また、設備配管スペースがとりやすく、上部のトラス以外は様々な構造を選択することができます。そのため、意匠性の高い建築物にも対応可能で、当社では建て方施工まで責任を持ってサポートします。

一般流通材で大空間を実現ATAハイブリッドトラス
(ATA-truss+金物工法)

ATAハイブリッドトラスとは、一般流通材で大空間を実現できる木材と鉄を融合させた工法です。
木材は圧縮に強く、鉄は引張に強い特性があります。「木材と鉄のお互いの強みを活かす」という考えのもとで開発した高性能トラスで大スパンを実現しました。(一般流通材だけで33mの大スパンが可能)
ハイブリッドトラスにより、今までは鉄骨造や鉄筋コンクリート造でなくては難しかった無柱空間の中大規模建築を木造で建築することが可能となります。

トラス工法が活きる建造物

  • 倉庫、工場
  • 幼稚園、保育園
  • 介護施設
  • 畜舎
  • 体育館
  • 商業施設

など、無柱空間で多くの荷物や人の出入りがある建造物に最適です。

トラス工法のメリット

一般流通材をメインに設計できるため、
全体的なコストダウンが可能

鉄骨造と比べ基礎工事費用が軽減
基礎工事にかかる費用を抑制

鉄骨造と比べ固定資産税が軽減
年数により木造の方が3〜5割負担軽減
※建物の仕様によって異なります

当社による現場でのトラス組み立て指導により
安心の建築作業

現場でトラス組み立て指導を行うため、
不安なく建築が進められる

「鉄から木へ」という時代の流れに即した
建設が可能

積雪にも対応しており、
雪国でも安心設計

CAD

最新のプレカット技術を支えるのがCADオペレーターです。
設計図を基に木材の組み方を決めていきます。
当社ではCADオペレーターを自社で育成し、打合せから加工生成に至るまで日々対応しています。
金物や材同士の細かい納まりまで3D画面で確認しながら作業を行っているため、現場での不具合が少なく大変好評です。

特殊加工がある物件は別途加工指示書を
作成するなど、きめ細かいフォローをします。

金物積算データを基に必要数量を現場に
納品させていただき、スムーズな現場作業を
フォローします。

プレカットに精通したCADオペレーターが、
お客様の問い合わせに常時対応します。

プレカット納品させていただいた
主な非住宅物件

  • 秋田県動物愛護センター(秋田県秋田市)
  • 田沢湖クニマス未来館(秋田県仙北市)
  • 上小阿仁村宿泊交流拠点施設(秋田県北秋田郡)
  • 秋田市新屋ガラス工房(秋田県秋田市)
  • 特別養護老人ホーム峰山荘(秋田県大仙市)
  • 西目こども園(秋田県由利本荘市)
  • 山形森林管理署(山形県寒河江市)
  • くぬぎさわ交流館(山形県山形市)
  • 秋田県立大曲支援学校せんぼく分校(秋田県仙北市)

プレカット

プレカットとは建築現場へお届けする前にあらかじめ木材を切断・加工しておくサービスです。
機械による加工のため品質にばらつきがなく、従来の手加工作業のほとんどを行うことが可能です。

安全·正確な現場施工へ

高品質・高精度なプレカットにより、現場施工が時短・容易になります。
高所作業が少なく安全な施工が可能となり、昔は数日かかった建て方が、1日で完了する場合もあります。

角繁プレカット
システムの特徴

在来工法

在来工法とは職人達によって受け継がれてきた伝統的な工法です。
木材の性質を見極め、適材適所に配置し緻密な作業を行う事で住宅や施設を堅牢なものに仕上げています。そのため、手加工の場合は性質の見極めや大工さんの技量によって住宅の強度に差が出てしまう可能性があるとも言えます。

当社では最新の全自動プレカットマシンにより多種類の加工に対応しており、仕上りも美しく正確です。
木材販売で培った目利きを活かし、「材木屋のプレカット」として高品質の木材を加工します。
また、梁背評価システムにより加工設計の安全性を確認できます。(評価書の添付も可能です。)

角繁プレカット
システムの特徴

金物工法

在来工法に加え、3種類の金物工法の加工が可能です。
構造材の接合部に専用金物を使用し、強度を更に高くすることができます。

また、当社では店舗やビルトインガレージ等の大開口部が必要な建物の設計施工に最適な、門型フレームも取り扱っています。
壁倍率計算により、構造計算書や性能評価書の作成に対応が可能です。

固く強い接合部

金物工法では、接合部の断面欠損が小さく、従来の接合部と比べて耐力が高くなります。
また、接合部の変形が少なく、床鳴りの原因となる隙間が生じにくいことも特徴です。

角繁プレカット
システムの特徴

ハイブリッド工法(在来工法+金物工法)

角繁プレカットシステムでは、在来・金物工法の両方が加工できるプレカットマシンの特徴を活かし、在来工法と金物工法を組み合わせた「ハイブリッド工法」が可能です。

例えば、在来工法の通し柱は断面欠損が不安要素になりますが、通し柱の接合部だけを金物工法で行うことで欠損を最小限に留め【安心·安全】が確保できます。
梁を現しにする場合で羽子板ボルトを見せたくない時には、現しの梁だけを金物工法で接合することも可能です。

ネイルプレートトラス

中大規模建築向けの木造工法です。部材の接合部をネイルプレートコネクタと呼ばれる金属を圧着することで、強度を向上させています。住宅用サイズの木材を使用することでコストを抑えながら、大スパンの実現が可能なため、様々な用途で採用されています。国産材サイズで対応可能なため、高耐久・高強度を保ちつつ温暖化防止にもつながる、環境にやさしい工法です。
また、設備配管スペースがとりやすく、上部のトラス以外は様々な構造を選択することができます。そのため、意匠性の高い建築物にも対応可能で、当社では建て方施工まで責任を持ってサポートします。

一般流通材で大空間を実現ATAハイブリッドトラス
(ATA-truss+金物工法)

ATAハイブリッドトラスとは、一般流通材で大空間を実現できる木材と鉄を融合させた工法です。
木材は圧縮に強く、鉄は引張に強い特性があります。「木材と鉄のお互いの強みを活かす」という考えのもとで開発した高性能トラスで大スパンを実現しました。(一般流通材だけで33mの大スパンが可能)
ハイブリッドトラスにより、今までは鉄骨造や鉄筋コンクリート造でなくては難しかった無柱空間の中大規模建築を木造で建築することが可能となります。

トラス工法が
活きる建造物

  • 倉庫、工場
  • 幼稚園、保育園
  • 介護施設
  • 畜舎
  • 体育館
  • 商業施設

など、無柱空間で多くの荷物や人の出入りがある建造物に最適です。

ATAハイブリッドトラスの
メリット

一般流通材をメインに設計できるため、
全体的なコストダウンが可能

鉄骨造と比べ基礎工事費用が軽減
基礎工事にかかる費用を抑制

鉄骨造と比べ固定資産税が軽減
年数により木造の方が3〜5割負担軽減
※建物の仕様によって異なります

当社による現場でのトラス組み立て指導により
安心の建築作業

現場でトラス組み立て指導を行うため、
不安なく建築が進められる

「鉄から木へ」という時代の流れに即した
建設が可能

積雪にも対応しており、
雪国でも安心設計

CAD

最新のプレカット技術を支えるのがCADオペレーターです。
設計図を基に木材の組み方を決めていきます。
当社ではCADオペレーターを自社で育成し、打合せから加工生成に至るまで日々対応しています。
金物や材同士の細かい納まりまで3D画面で確認しながら作業を行っているため、現場での不具合が少なく大変好評です。

プレカット納品させていただいた
主な非住宅物件

  • 秋田県動物愛護センター(秋田県秋田市)
  • 田沢湖クニマス未来館(秋田県仙北市)
  • 上小阿仁村宿泊交流拠点施設(秋田県北秋田郡)
  • 秋田市新屋ガラス工房(秋田県秋田市)
  • 特別養護老人ホーム峰山荘(秋田県大仙市)
  • 西目こども園(秋田県由利本荘市)
  • 山形森林管理署(山形県寒河江市)
  • くぬぎさわ交流館(山形県山形市)
  • 秋田県立大曲支援学校せんぼく分校(秋田県仙北市)