違法伐採対策の取組みについて

秋田県産製材品販売促進協議会

我が国の木材消費量の約8割は海外から輸入されていますが、その中には違法に伐採されたものが含まれているともいわれております。違法伐採は森林の持続可能性を阻害するばかりでなく世界規模での森林減少と劣化の一因ともなります。このため日本政府では平成18年4月グリーン購入法に基づいて政府調達の対象となる木材、木製品について、合法性が証明されたものを購入することになりました。政府の決定に対応するため、秋田県産製材品販売促進協議会は木材関連団体と協調し違法伐採に反対する態度を表明するとともに木材の合法性を証明する仕組みをつくり、関連する業界をあげて合法性の証明に取り組むことといたします。